« 遅ればせながら、猫ベッドを出しました | トップページ | ようやく、プリンスに穏やかな毎日が…… »

2023年12月17日 (日)

プリンスが胸腹部のCTを撮りました

プリンスは今年の6月に胆嚢炎・膵炎等の炎症で入院、また10月に肥満細胞腫の

摘出手術後は定期的にエコーやレントゲン、血液検査等を受けています。

先週末も検査で通院したところ、レントゲンで右胸に白い影があるのが確認されました。

一ヶ月前のレントゲンで確認してみると、その場所はモヤモヤした状態に見えます。

それらは仰向けでの撮影のため、今度はうつ伏せで撮ってみると、

白い影ではなくモヤモヤした感じに見えました。

 

院長先生からは日を置いてからレントゲンを撮るか、CTを撮ってしまうか打診されたため

私たちはCTを選び、昨日撮りに行ってきました。

 

結果的には肺の腫瘍と断定できなかったため、経過観察との診断です。

肺に白い影のように写ったのは以前に気管支炎で溜まった膿?が粘液となったものと

推定されるそうですが、初期の転移性腫瘍の可能性は否定できないとのことです。

 

他には肥満細胞腫の手術痕から少し尻尾寄りに3㎜、頭寄りに1㎜と白いものが写った

ものの、あまりにも小さく触っても確認できなかったため、こちらも経過観察と

なりました。

 

Img_0039

プリンス 「昨日は朝ゴハンくれなかった!」

  

Img_0041

プリンス 「ボク、元気だし食欲もあるも~ん」

 

一時はエディと同じ肺腺癌を覚悟しましたが、もうしばらくプリンスと一緒に

居ることができそうです。

本当に良かった。

でも、気を抜くことなくしっかりと検査をしていこうと思います。

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

ランキングに参加しています。

よろしければ、ポチッ!とお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

« 遅ればせながら、猫ベッドを出しました | トップページ | ようやく、プリンスに穏やかな毎日が…… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遅ればせながら、猫ベッドを出しました | トップページ | ようやく、プリンスに穏やかな毎日が…… »