« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月

2023年5月28日 (日)

ストレスからか、プリンスも体調を崩してしまいました

5月9日にエディが虹の橋を渡ってから20日ほど経ちましたが、

まだまだ悲しみが癒えることはありません。

エディの死を受け入れたと思ってはいるものの、

なかなか気持ちに折り合いをつけることは難しいです。

 

一方、1年ちょっと前までは3にゃんきょうだいだったところ、

急に1にゃんっ子になってしまったプリンスも、悲しみ、ストレスを

抱えていることでしょう。

20日(土)の朝、元気が無いな~と思っていたところ、朝ゴハンを食べない上に

大量の水下痢をしたため、プリンペラン1/2錠とフラジール1/4錠を投与開始。

21日(日)の夕方に鳴き叫ぶので様子を見ると、熱があるのか耳が熱くなり、

震えていました。

通常心拍は120くらいですが、当時は168でぐったりとして立てない状態でした。

当然食欲もなく救急病院を検討しましたが、幸い翌朝22日(月)には熱が下がって

心拍も通常に戻り、朝ゴハンもいつもの缶詰スープを飲みました。

 

この日は夫に動物病院へ連れて行ってもらい、血液検査、エコー、尿検査をしましたが

異常なし。ただ、胃腸が動いていないとのことだったので、ガスターとプリンペランを

追加した点滴をしていただきました。処方されたお薬はプリンペラン1/4錠。

帰宅後はすっかり食欲が戻り、23日(火)には下痢も回復したので24日(水)より

フラジールを中止。

 

ですが、24日(水)に夜ゴハンを食べてから45分後、プリンスが5回も嘔吐したので

心底驚きました。ただ、グッタリすることなく機嫌よくしていたので様子を見ていた

のですが、25日(木)の午前3時半頃に枕もとで寝ていたプリンスが茶色い液体を2回、

いずれも少量でしたが吐き始めたので飛び起きました。

動揺しつつ、ガスター1/2錠を投与。すると、午前5時には朝ゴハンを通常通りに

食べたので救急病院は見送り、この日は休診日だだった動物病院で翌日26日(金)の

予約を取って受診しました。

すると、まだ胃腸の動きが悪いそうなのでガスター1/2錠が追加です。

  

Img_9239

プリンス 「寂しいな~」

 

プリンスが食用不振になったのは9年前に酷いワクチンの副作用を起こして以来です。

元々食いしん坊なので、食欲を無くすほど体調を崩すだなんてよっぽどのこと。 

プリンスも急に弟が亡くなってショックを受けているんだな……と感じます。

ただ、体調を崩してしばらく元気が無かったプリンスですが、今では体調が落ち着き、

少し元気が戻ってきたように感じます。

 

                                                                                                                                                                                                                                                                       

ランキングに参加しています。

よろしければ、ポチッ!とお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

2023年5月21日 (日)

エディを亡くし、寂しい毎日です

病名が分かってから、わずか2週間でエディを亡くして10日ほど経ちました。

忙しくしている間は気が紛れますが、まだまだ心に折り合いをつけることは

出来ずにいます。

乙姫の場合は半年ほど闘病期間があり、その間に少しづつ覚悟していきましたが、

エディの場合はその時間がありませんでした。

 

プリンスもおしゃべりな子ですが、エディが虹の橋を渡ってからは

エディのように鳴き通しです。

 

Img_9215

RIENさんから素敵なブリザーブドフラワーを頂きました。

ありがとうございます。

  

Img_91842 

プリンスも寂しそうです。

  

昨日の朝は食いしん坊のプリンスがゴハンを全く食べなくて驚愕しました。

嘔吐と下痢もあり、速攻で動物病院を予約しましたが、

常備しているお薬を飲ませたところ落ち着きました。

プリンスが食欲不振だなんて、ワクチン接種の際に重度の副作用を起こして以来

でしたし、この上プリンスも重病だったらと悪い方に考えてしまいました。

ああ、良かった。

 

                                                                                                                                                                                                                                                                     

ランキングに参加しています。

よろしければ、ポチッ!とお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

2023年5月10日 (水)

エドワードが虹の橋を渡りました

昨日5月9日(火)、エドワード(エディ)が11歳で虹の橋を渡りました。

3月頃から食欲が落ち、様々な検査を経て4月26日(水)に受けたCT検査にて肺腺癌で

あろうとの結果が出ました。

すでに脳をはじめ全身に転移しており、治療は望めませんでした。

ですが、4月29日(土)に胸水を100㏄抜いた後に少し元気になり、一時的に食欲が出た

ため、院長先生から胸水を抜くドレーンの留置を打診されました。

とは言え、いきなりドレーンは怖かったので、もう一度胸水を抜いて食欲が戻るか検証

しようということになり、その際には念入りに300㏄もの胸水を抜いていただきましたが、

帰宅後食欲が戻ることはなく衰弱が進み、病名が分かってから2週間であっという間に

旅立ってしまいました。

 

4月に入って早々に血液検査による健康診断を受け、問題なしという結果に喜んでいたのも

つかの間、それから1ヶ月も経たずに肺腺癌の宣告を受け、それからわずか2週間で

お別れすることになろうとは……そんなことが起こるのかと未だに信じられず受け止めきれません。

 

ですが、肺腺癌を患い全身に転移していたにも関わらず、それまで目立った症状はほぼ食欲

不振のみでしたし、もちろん最後の1週間は苦しかったでしょうが、エディが苦痛を感じた

期間は短かったと思いたいです。

   

Img_9168

院長先生からお花を頂きました。

色使いがエディっぽいと思ったところ、夫もそう感じたそうです。

またもや、mominyanさんが撮って下さったパネルが遺影になってしまいました。

   

Img_9139

(左)エディが亡くなる4日前、(右)プリンスがエディの手に

自分の手を添えていました。

 

エディは大人になってからも子猫気分が抜けずに、鳴いてばかりいる子でした。

いかにも末っ子で甘えんぼ。本当に可愛かったです。

我が家に迎えることが出来て心から幸せでした。エディ、ありがとう。

 

                                                                                                                                                                                                                                                                   

ランキングに参加しています。

よろしければ、ポチッ!とお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29