« 連休中の3にゃん | トップページ | ネコってこういう生き物だったっけか? »

2020年8月 2日 (日)

プリンスの経過

プリンスは原因不明の血尿で、止血剤による治療を続けています。

とは言え、目視ではなく顕微鏡で確認できるという出血です。

前回の通院では、一度止血剤で止まった出血がお薬を減量したことにより

また確認できるようになってしまったので、元の薬量に戻しました。

  

7月27日(月)に通院し、検査してみると…

顕微鏡レベルではかなり出血しているそうです(涙)

ストルバイト結晶は尿酸化剤を増量したからか、細かい砂になっているとの事。

しかし、一度は出血が治まった薬量でもダメとは…。

すると、院長先生から「ジルケーンを試してみたい」とのご提案が。

ジルケーンとはストレス緩和系のサプリなのですよね…。

RIENさんにご相談すると、フェリウェイやパッチフラワーレメディを

勧めて頂き、また「オーナーのストレスがネコたちに影響する」と

アドバイスを頂きました。

確かに…プリンスは3にゃんの中で一番人間の感情に敏感ですし、

私は公私ともにストレスてんこ盛り。うーん…。

    

20200802_003

プリンス 「ボクはゴハンを美味しく食べられるから大丈夫だよ!」

   

20200802_018

プリンス 「もっとゴハンをくれたら、ストレス無くなるんだけどな~」

 

よく考えて、まずは院長先生が勧めて下さったジルケーンを試してみる事に

しました。

今日から一週間服用させ、今週末にまた検査してみます。

これで出血が止まったら、原因はストレスって言うことですかね。

ちょっと複雑な心境になるかも…。

  

プリンスは子猫の時からほとんど手のかからない子なのです。

乙姫のように、「人間の手からじゃないとゴハン食べない!」

「猫砂はイヤ!ペットシーツにして!」「ゴハンは正規品に限る!」とか、

エディのように、中途半端にゴハンを食べた後に「ゴハン~!」

ちょっと食べた後に「ゴハン~!」またちょっと食べた後に「ゴハン~!」

で、スルーしていると飛びかかって来たり、「遊んで~!」と一日中鳴く

事もありません。

乙姫とエディに手がかかる分、プリンスに向き合ってなかったのかもと

反省し、通院以降はプリンスとの時間を持つように心がけています。

ただね、プリンス。私の背後をじ~っと凝視するのは怖いので止めましょう。

他にも、時々天井をじ~っと見たり、目で追ったりしています。

きっと、プリンスには何か見えてますね。院長先生も同感だそうです。

 

                                            

ランキングに参加しています。

よろしければ、ポチッ!とお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

« 連休中の3にゃん | トップページ | ネコってこういう生き物だったっけか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 連休中の3にゃん | トップページ | ネコってこういう生き物だったっけか? »