« エディの膀胱炎、その後。 | トップページ | あけましておめでとうございます♪ »

2014年12月14日 (日)

エディの膀胱炎は回復傾向!ところが、プリンスに猫ニキビ!?

エディが膀胱炎を発症して4週間が経ちました。

今も1日2回1個の抗生物質と胃薬、そしてステロイドを飲んでいます。

ですが、おかげさまで、先週の6日(土)の午前中に8回の頻尿を最後にようやく症状が

治まり、今も落ち着いております~!

 

やっぱり、ステロイドが効いたのでしょう。

先週は1日1回半個を飲んでいましたが、今は2日に1回半個でも頻尿にはなっていませ

ん。

これから徐々にでしょうが、お薬も減っていくことと思います。

最後の手段のステロイド。効いてくれて本当に良かったです♪

    

201412b104

加湿器を出しました。

加湿器が稼働すると、なぜか乗るエディ(笑)

襟巻が風でなびいていますね。

    

201412b141

きちんと、手前にある送風口をよけて乗っております。

 

エディの頻尿が落ち着いて安堵していた11日(木)の夜。ふとプリンスを見ると、口元が赤く

なっているのに気がつきました。

よく見てみると、人間でいう下唇のあたりにポコッとした赤いできものがありました。

その日の朝、プリンスに尿酸化剤のお薬を飲ませるために口元を触った時は気がつか

なかったのです。

 

201412b173

ちょっと見えづらいですが、口元の下部分が赤くなっています。

他の子にはないので驚き、ネットで検索してみると…猫ニキビ!?

また別の意味で驚き、ちょっと気が抜けましたが、悪いできものだと怖いので翌日動物

病院へ。

 

院長先生は「う~ん」と唸った後、「炎症か肥満細胞腫のどちらかだと思うけど、恐らく炎症

だと思う」とのこと。

ひ…肥満細胞腫!?「先生、この子やっぱり肥満なんですかっ?」と思わず問う私。

(←あ…「やっぱり」は余計だった…・汗)

 

院長先生によると、肥満細胞腫は免疫に関係する細胞である肥満細胞が増殖し、腫瘍に

なる病気で、皮膚に発症することが多いとのこと。

もちろん、肥満には全く関係がないようです。

(←だったら、こんな紛らわしい名前を付けるな~!)

 

針で細胞を採取して肥満細胞腫かどうか検査することもできる、と院長先生は仰いました

が、プリンスはすごく痛がってイヤがるだろうし、先生が恐らく炎症だと仰るのなら…と、

まずは消炎剤の飲み薬と塗り薬で様子を見ることにしました。

今日はお薬を初めて3日目になりますが、まだ目に見える変化はありません。

どうか、炎症でありますように…(願)

     

201412b169

プリンス 「ボク、6.2kgだけど肥満じゃないもん!」

     

201412b191s_2

乙姫 「みなさま。エディとプリンスがご心配をおかけしてすみません。

     なぜか闘病記となってしまうブログですが、もし、どなたかのご参考になれば

     嬉しく思います。

     どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします♪」

 

 

ランキングに参加しています。

よろしければ、ポチッ!とお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

« エディの膀胱炎、その後。 | トップページ | あけましておめでとうございます♪ »

コメント

次から次へと本当にお疲れ様です……。

肥満じゃなくても肥満細胞腫、ややこしいですね(汗)。
伝染しない猫伝染性腹膜炎と同じくらい。

加湿器に乗るエディくん、かわいいです♪
「乾燥は美容の大敵!」とか
思っていたりして(笑)。
実際、静電気が起きると毛が傷むでしょうしね。

RIENさん
こんにちは~&コメントありがとうございます!
院長先生は「肥満細胞腫と聞くと、みなさん肥満かと思うんだよね」と仰っていましたが、思いますよね~(笑)
先生は犬だけの病気と思われがちな狂犬病を例に挙げられていました。

エディ、今も加湿器に乗りながら鳴いて、私に何かを訴えています(笑)
出てくる風は結構ひんやりなんですけどね~。
身だしなみを気にするお年頃(爆)?

早く治ってくれるといいですね。
参考になるかわかりませんが、ラモンも小さい頃膀胱炎になりました。
pHコントロールの療法食にしてから再発はしてません。
極端に寒いのだけは気をつけてます。

場所的にニキビっぽく見えます。
たとえ肥満細胞腫だったとしても、猫の場合、犬と違って恐るるに足らないそうです。
(空がなったことあるので一度色々調べました)
塗り薬でよくなるといいですね^^

羅門パパさん
こんばんは~&コメントありがとうございます!
羅門くんも膀胱炎を発症されたのですね。
そうですか。。。療法食にされてからは再発はないとのこと。良かったです♪

エディは昨年にストルバイト結晶を発症してから、ゴハンの半量を療法食にし、
もう半量は他のきょうだいと同じ缶詰にしています。
本当は全部を療法食にした方が良いのでしょうが、やはり、他の子が食べている
ゴハンも気になるようで…(汗)

確かに、秋から冬にかけて体調を崩すことが増えますよね。
ストルバイトや膀胱炎は冬にかかりやすいようですし…。
部屋の温度や湿度にも気を配らないとですね!

青空さん
こんばんは~&コメントありがとうございます!
おかげさまで、プリンスの口元のできものは良くなってきました~!
やはり、ニキビだったようですね(笑)

空ちゃん、肥満細胞腫だったとのこと、驚きました。。。
ですが、ワンちゃんと比べると症状は軽くて済むのですね。
とは言っても…やっぱり、ニキビで良かったです(笑)
プリンスの塗り薬、人間の吹き出物にも効くのだろうか…と、ちょっと思いました(爆)

こんにちは。

みんにゃの調子はどうですか?
コスモスさんも。
早くよくなりますように。

写真のみんにゃ可愛いですね。
プリンス君、6,2キロ!!
うらやましいです。
大きくなって、元気になって!!

今日は、蓮華を洗おうか迷っています。
お会いしたときに、コスモスさんに綺麗にした蓮華の写真を撮ってもらわなきゃ!!!!

KITAさん
こんばんは~&先日はありがとうございました!
御礼が大変遅くなり、失礼いたしました(汗)

おかげさまで、エディ&プリンスは回復してきております♪
ああ…そのご報告記事もアップしなくては(滝汗)

プリンスはワクチンアレルギーの発症時に体重が落ちて心配しましたが、
秋になって食欲が増したからか、元の体重の6.2kgに戻りました~。
今はニキビも治って元気いっぱいです♪
私にまでお気遣いくださり、ありがとうございます!私も回復してきておりますよ~!

蓮華ちゃんがモデルになってくれたら嬉しいわ~♪
デジ一さん、がんばれ~(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1420323/58263438

この記事へのトラックバック一覧です: エディの膀胱炎は回復傾向!ところが、プリンスに猫ニキビ!?:

« エディの膀胱炎、その後。 | トップページ | あけましておめでとうございます♪ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30